上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.15 broken
14日。

ブロークン。
マイヘッドフォンイズゴーン。

学校行く時にヘッドフォンが壊れた。
気に入っていたのに。あぁAKG。
チャリこいでいたら余ったコードに足引っ掛けて
もともと接続の悪かったコードの根元部分が完全にいかれた。

新しいものをネットで注文したら次入荷まで3週間。
とても待てねぇよ。

経験的に思うが、ヘッドフォンがダメになる理由で一番多いのはコードが切れるせいじゃないか?
ホント脆い。脆すぎる。
ふと思ったんだが、本体は従来仕様のままコードを強化して、「コードの仕様を強化! 大抵のことでは中身の線が切れません!」って宣伝出したらヒットするんじゃないか?

なぜどの会社もそれをしないのか?
考えられるのは
1.技術力がまだそこまで追いついていない
2.コスト
3.見落としている
4.ヘッドフォン業界の流通をよくさせるための陰謀

3と4だったら許せねぇ。


それ以前に
別にヘッドフォンのコードが脆いわけじゃないくて、俺の扱いが悪いのかもしれん。
反省。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://lt076040.blog103.fc2.com/tb.php/7-05487412
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。